セルフメディケーション税制

平成29年1月1日にスタートした税制をご紹介します。

セルフメディケーション税制とは?
1年間(1月1日~12月31日)に世帯で購入したスイッチOTC薬の購入額が合計で税込12,000円を超える場合に、88,000円を限度に総所得金額から控除をうけることができる制度です。
平成29年1月1日から平成33年12月31日までの期間が対象となります。
なお、本特例を利用した場合は、従来の医療費控除については提供対象外となります。

■ スイッチOTC薬とは

医師の判断でしか使用できなかった医薬品を、薬局で買えるようにしたのがスイッチOTC薬です。 スイッチOTC薬の登場で、セルフ・メディケーションの幅が広がっています。 OTCとは「Over The Counter」の略で、街の薬局のカウンター越しに売られる薬、つまり市販薬のことを指します。

■ 控除所得の対象となる品目

1983年以降にスイッチされた82成分が配合された要指導医薬品および一般用医療品のうち、約1500品目が対象となります。各販売店において、わかりやすく表示してありますのでご確認ください。(商品表示に◆印をつけるなど)

厚生労働省 スイッチOTC医薬品有効成分リスト(平成28年3月31日時点)

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000124846.pdf

■ 減税効果の一例

●課税所得400万円の方が、対象医薬品を年間で税込30,000円購入した場合

所得税:3,600円 + 住民税:1,800円 = 合計5,400円の効果があります。

① 30,000円 - 下限12,000円 = 18,000円

⇒ 18,000円が課税所得から控除される

 

② 減税額 ・所得税:3,600円の減税効果(控除額:18,000円 × 所得税率20%)

・個人住民税:1,800円の減税効果(控除額:18,000円 × 個人住民税:10%)

■ 対象者

以下のいずれかを受けている人が対象となります。

1.特定健康診査

2.予防接種

3.定期健康診断

4.健康診査

5.がん検診

本人と生計を一にする配偶者とその他の親族も対象です。

「スイッチOTC薬を買えばOK」というわけではないので、注意しましょう。

■ まず、すべきこと

確定申告の際に対象医療品の「購入レシート」または「領収書」が必要となります。

来年の申告に備え、しっかりと保存しておきましょう。

※感光や文字のかすれ等で確認が困難なレシートは無効となります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。