何がきっかけでそう思われたのですか?

どうしたらいいですか?

直接的な質問が飛び交います。

転職したいけど福利厚生が充実している方がいいですか?

運用したいけど、どの商品がいいですか?

そんな時、私は、こんな質問を投げかけることにしました。

ちなみに

何がきっかけでそう思われたのですか?

 

そうするとお客様から本当のお困りごとを聞くことができます。

自分自身で何かを考える時も

何がきっかけでそう思ったんだっけ??

 

と本当の理由を考えてみてください。

本質的な問題を考えずに、本質的な解決方法はでてきませんね。

たとえば、資産運用をしたい。

どの商品がいいのか。

とまず考えるようです。

そうではなく

何のためにお金をふやしたいのか

そのお金は

いつ

いくら

何のために

用意したいのか

まず、そこを明確にすると

毎月1,000円の積立で実現できることもあるかもしれません。

一歩一歩積み上げる。

それが資産運用です。

夢の実現に向けて、ひとつひとつ積み上げる。

素敵なことですね。

はじめての資産運用相談

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 改正保険業法施行から1年。乗合代理店は消費者の味方になったか

  2. No.409 下がったら売る?

  3. No. 341 相続は究極のライフプラン

  4. スマイスターMagazineより~ライフプランシミュレーションからの買…

  5. No.400 売上や規模の拡大を追わない

  6. No.372 朝三暮四にならないように

  7. No.390 悪魔に負けない体制づくり

  8. No.404 トンチン性って?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。