No.363 くだらない会話が〇〇〇〇

話していると
思わず夢を語りたくなる相手と
評判の竹内美紀です。

漠然とした将来への不安を
明確な課題に変え、
最初の一歩をいっしょに踏み出します。

ライブドアニュースより

「ちびまるこちゃん」の作者
さくらももこさんがお亡くなりになりました。

「ちびまるこちゃん」のテレビ放送が
始まったのは、私が最初の子を産むちょっと前で。
24年間ずっとみてきました。
ほとんど欠かさず。
(つまりずっと子育て中なのですが)

 



いけず~

が口癖で、ちょっとわがままで
ぐーたらで。

それを怒るおかあさんの

まるこー!!

の怒鳴り声がとっても好き。

ま、語りだすと止まらないのですが。

家族がくだらない会話で喧嘩
してるのがなによりの幸せ

そんな日常を描いていいる
まるこちゃんが大好きです。
(今もみているのです)

自営業をしていると
24時間営業でついつい仕事を
してしまいます。

(いつもブログのテーマが
頭にありますしね☆)

日曜日の夜に一緒に
家族と過ごせていますか?

曜日はそれぞれ事情があるかも
しれませんが、
週に1日でいいので、家族で
ご飯を食べて、くだらない会話が
できたら、それが幸せなんじゃないかな、
と思っています。

家族でまるこちゃんをみて
サザエさんをみて、最後にじゃんけんをする。

そんな日常を大切にしたいですね。

 

ところで、さくらももこさんの
地元は静岡。

地元の方々は
また格別の想いがあると思います。

 

同じように作者が亡くなった時に
衝撃を受けたことがあります。

 

地元春日部を舞台とした

くれよんしんちゃん

その作者の臼井儀人さんが
2009年に亡くなりました。

こちらもアニメ開始から
見守ってきました。
(マンガ好きですね)

しんちゃんは春日部住民です。

でも、大人の事情なのか
あまり、しんちゃんは春日部市に
いませんでした。

 

作者の方がお亡くなりになり・・・
寂しい気持ちを抱えつつも

時は経ち
大人の事情がなくなったのか
春日部市にはしんちゃんが
増えました。

 

信号待ちでしんちゃんバスが通ります。

駅前には看板があります。

公園には

 

より身近になったと感じます。

 

まるこちゃんも
遺された方が大切に見守り
育てていくのかもしれません。

心に残る大事なものは受け継がれて
いくのだと思います。

素敵なお仕事ですね。
なにか一つでも相手の心に
残せたらいいですね。

そんな気持ちでご相談に
のっていきたいと思います。

春日部にこんな人が
いたなぁ、なんて。

 

 

いけず~

といつもの通り自由奔放で
心優しいまるこちゃんを
見守っていきましょう。

 

大事な人と。

 

忘れない、ということが
最大の愛情かと。

ご冥福をお祈り申し上げます…

さて、今日はご家族のご相談。
お金のことで悩んでいたら、
くだらない会話で喧嘩ができませんから。

良い1日を♪

Since 2017.9.1(80.81/240)

思わず夢を語りたくなる ライフプラン実現の専門家 竹内 美紀

mail:info@takeuchifp.com  URL:http://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

 

●ご相談事例をメルマガにて配信中
登録はこちら↓
メルマガ登録フォーム

●LINE友達登録はこちら
友だち追加

●「脱★ドンブリ経営」個人レッスン
脱完璧主義にて開始中
登録はこちら↓

関連記事

  1. No.386 自分の家庭も守れないで何が…

  2. 夢に日付をつける

  3. No.384 セミナー報告 ~脱★ドンブリ~

  4. No.357 かぶと虫との闘い

  5. No.381 ご相談で大切なこと

  6. No.350 これからの人生は人の〇に立つ仕事をしよう

  7. No.368 目的を達成したときは

  8. No.367 セミナー報告☆おこづかいゲーム実施しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。