No.404 トンチン性って?

話していると
思わず夢を語りたくなる相手と
評判の竹内美紀です。

漠然とした将来への不安を
明確な課題に変え、
最初の一歩をいっしょに踏み出します。

 

人生100年時代。

それを踏まえた構想会議というものが
政府でも設定されているそうです。

主に人を育てる観点のようで
「人づくり革命」と記されています。

幼稚園、高等学校の無償化、
・・・65歳以上の継続雇用の推進・・・

65歳以上も働けるように
なる可能性があります。

年金支給もそれ以降になる
ということでしょう。

「長く働ける」ととらえ
夢を描くとともに
お金のことが
心配になりますね。

そこで、それに合わせて
いろいろな商品が
提供されてきています。

その一つが
トンチン保険(年金)。

 

トンチン保険は、

「トンチン年金」とも呼ばれ、17世紀のイタリア人銀行家のロレンツォ・トンティが考案した保険制度に由来するもので、長生きするほど多額の保険金(年金)が受け取れる保険商品をいいます。

年金開始までは
解約してもわずかしか
戻ってきません。

死亡した場合も
保険金はありません。
(商品により異なります)

つまりは、そのお金は凍結し
長生きした人にだけ
支払われるものです。

相互扶助の賜物ですね。

そもそも
保険という制度が

相互扶助・・・
お互いに助けあう。

という考え方に
もとづいています。

たとえば、
交通事故。

万が一
加害者になってしまった時の
経済的な損害賠償額は
はかりしれません。
(敢えてお金だけに
絞ってお話しますね)

その時に、事故に遭った人も
おかしてしまった人も
人生を少しでも
元に戻せるように・・・

みなで出し合った
保険料で、
その補償が必要となった人に
受け取ってもらいます。

ずっと、事故を起こさなければ
まったくの掛け捨てです。

究極の助け合い。
それが保険の第一義。

 

それを年金に採用したものが
トンチン性保険です。

死亡者の持ち分が生存者へ
うつる

そんな表現もあります。

 

さて、将来のお金を
貯める手段として

いくつか方法があります。

<流動性重視>
・普通預金

<安全性重視>
・定期預金
・個人向け国債
・終身保険

<収益性>
・投資信託
・変額保険


貯蓄の目的と
お金のおろしやすさと
元本の安全性

どのくらい時間を費やせるか

選ぶ方法は変わります。

このトンチン性を
活用する場合は、

長期でおいておけるお金
なります。

長期であれば、それなりの
収益性があるかどうか。

ちゃんと確認してくださいね。

その間に、解約等でも
お金を手にすることは
できないので。

他の手段と比べてどうか。
他の手段と併用することで
威力を発揮するかどうか。

新しいものにすぐには
とびつかず
比較して選択することが
大切です。

保険以外にも
手段はないか。

保険だからこそ
できることなのか。

じっくり比較しましょう。

そもそも、なんのために
お金が必要か。
100歳までの日々を
どうありたいか。

そこが一番大切ですよ。

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

 

 

Since 2017.9.1(80.81/240)

思わず夢を語りたくなる ライフプラン実現の専門家 竹内 美紀

mail:info@takeuchifp.com  URL:http://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

 

●ご相談事例をメルマガにて配信中
登録はこちら↓
メルマガ登録フォーム

●LINE友達登録はこちら
友だち追加

●「脱★ドンブリ経営」個人レッスン
脱完璧主義にて開始中
登録はこちら↓

関連記事

  1. 改正保険業法施行から1年。乗合代理店は消費者の味方になったか

  2. No.368 目的を達成したときは

  3. No.384 セミナー報告 ~脱★ドンブリ~

  4. No.381 ご相談で大切なこと

  5. No.367 セミナー報告☆おこづかいゲーム実施しました

  6. No.348 事業と家計の境目

  7. No.389 お金で支配してはいけない

  8. No.359 なんのためか明確にする ~女性の創業支援セミナー~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。