No.599 お金があれば〇〇はいらない

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~

想いのある社長の
信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

危なかった!!

ちょっと間違ったら
大事故だった。

そんな経験ありませんか?

ヒヤリ・ハットの法則。
語源は・・・
「ヒヤリ」とした
「ハッ」とした

そのままですね。。。

1件の重大な事故に
いたるまでには

29件の軽微なミスと
300件のヒヤリ・ハットが
潜んでいるそうです。

だから、小さなヒヤリ。
見逃さないで
原因を究明することが
必要です。

なんでもなくて
良かった

ではなく、何かが
起きるかもしれない

ヒヤリ・ハットを
書き出して、注意をする

それが対策のひとつです。

その他の対策として
保険の加入も方策のひとつです。

事故に備える賠償保険。

食中毒に備える総合食品賠償
個人情報漏えい保険
税理士職業賠償責任保険

業界によって様々です。

保険と一言いっても
たくさんあります。

考え方を整理しましょう。

保険の大きな得意技は
安い保険料で大きな保障を
確保することにあります。

みんなでお金をだしあい
事故に遭った人を助ける。

病気で死亡することも
保険の用語では「事故」と
言います。

皆で助けあうことを
相互扶助、と言います。

貯蓄では賄えない
大きな損害に
備えるのが
保険
です。

勧誘されたから、と
加入していたら
保険料ばかりかかってしまいます。

保険は付き合いで
入ってはいけません。

お金があったら
保険はいらないのですから。

 

社長に万が一が
あった時

どんなことが起こるでしょう。

〇遺された家族が暮らしていけるだけのお金があるか。

〇従業員のお給料や家賃、借入返済
 必ず払わなくてはいけないお金はあるか。

急な事故や病気で社長が
お亡くなりになり

後継者がお困りになる姿を
みてきました。

だからこそ、想定される事故に
対しては、きちんと対応する必要が
あると考えています。

せめて、借入金分だけでも
保険に入っていれば。

売上が落ちる期間だけでも
保険で賄えていれば。

会社を守る保険
大事に思っています。

用意ができていない時は
その期間限定でもいいので
最低限の保険を確保して
安心して業務に専念できるように
しましょう。

それが、経営者保険です。

では、まず
なにから始めるか。

現状把握です。

どんな保険に加入しているのか。
それは、本当に必要なものなのか。

必要な保障額を計算してみましょう。

チェックしてみてくださいね。

そうそう
ヒヤリハットに気づいたなら
それは、ラッキーだと
思って

気をひきしめ
万が一には備えておきましょう。
大きな事故が起こる前に。

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

良い1日を♪

 

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター 竹内 美紀

mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

 

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. 〇はそこまで来ている

  2. No.521 事業承継税制 

  3. No.425 モチベーションを自分であげるには

  4. No.532 目的と効果

  5. No.736 事業のお金を私的に利用していませんか?

  6. No.468 相手の不○

  7. No.550 ご相談の季節

  8. No.357 かぶと虫との闘い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。