No.615 退職金制度の前に

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~

想いのある社長の
信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

業績不振により
早期退職者を募るそうです。

早期退職者には
特別に退職金を支給するとか。

その資金はどのように
準備していたのか、気になりました。

 

ちょっとマニアックな
お話を。

記事はリストラの場合でしたが

だんだん業績が
上がってくると
福利厚生制度
整えたくなります。

特に退職する時には
少しでも退職金を
出してあげたい。

急な退職の場合に
用意することができなくて

借金をするお客様も
います。

退職金のために
借金をしてしまうと・・・

熟練の従業員がやめ
新しい従業員を採用し
育てなければならない時に・・・

ダメージが大きくなります。

準備しておかなくちゃ。

その時は思います。

でも、また日々のあれこれで
後回し。

従業員の退職金は
どうやって準備したら
いいですか?

そんな質問が
ありました。

細かい方策は
後で記述しますが

退職金を用意する前に
整えなくては
いけないことが
あります。

それは、
会社の理念です。

その理念を実現するために
従業員がどういう行動を
とればいいのか。

言葉にして
伝えていきます。

そして、それを
どのような制度に
落とし込んでいくか。

その先に
退職金規定があります。

退職金規定を
ととのえたら

必ず、退職金は
支給しなくては
いけません。

必ず、です。

従業員との約束ですから。

その覚悟を
持って、方策に
はいります。

いくつか方法があります。

難易度の低い順に
お伝えしていきますね。

1.定期積立
2.中小企業退職金共済
3.民間の生命保険
4.確定拠出年金(401K 選択型)

方法は大きく4つあります。

簡単な概略と損金性(税金を減らす効果)について
明記します。

1.定期積立

銀行で設定ができます。
ネット銀行だとなんと500円から
積立て可能です。

降ろしやすいので、
別の用途で使ってしまう可能性が
高いのが要注意ですね。

損金性は×

2.中小企業退職金共済
いわゆる「中退共」
各銀行や商工会、税理士の方などが
窓口になっています。

受取人は従業員本人。
たとえ、懲戒免職でも本人に支払われます。

確実に貯められるところは〇

損金性は〇(全額損金)

3.民間の生命保険
養老保険。
満期金は会社、死亡保険金は従業員の遺族。
死亡保障も確保しながら
満期金を退職金に充当することが
できます。

年齢によって、保険料が異なることも。

損金性は△(半分が損金)

4.確定拠出年金(401K 選択型)
制度導入は少し難易度が高い。

所得税や住民税、社会保険料を
少なくすることも可能

従業員本人は、所得が少なくみえるので
注意が必要。
社会保険料が減ることのメリット、デメリットは
注意が必要。

運用成果を見込めるので、将来の受取額は
期待できる。

受け取る時の税制メリットもあり。

損金性は〇

手軽なところから
まず、貯める仕組みを
作りましょう。

おろせない強制力も必要ですし
事業が苦しい時に、いったんストップできる
柔軟性も必要です。

会社によって、
メリット・デメリットがあるので
じっくり検討していきましょう。

その前に
会社の理念ですよ☆

先ほどの早期退職者を
募った会社のクレド
(行動指針)です。

Web + Game + リアルタイム通信技術
~ これから勝ちに行くための機能が揃った組織

「勝ちにいく」

ここに、お客様視点はあるのだろうか。

ゲーム素人ながら
感じたのでした。

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

良い1日を♪

 

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター 竹内 美紀

mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

 

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.411 夢を叶える○○法

  2. No.357 かぶと虫との闘い

  3. No.418 今できるベストを

  4. No.465 想いを言葉に

  5. No.653 ビジョンを語ったら人がやめた

  6. No.622 ○○してよかった

  7. No.621 相見積もりにならない

  8. No.626 ルーツを知る 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。