No.620 想いを伝える

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~

想いのある社長の
信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です

母の日でしたね。
お母様や
お子さんのお母さんである奥様に
感謝の気持ちは伝えましたか?

私の母は、80歳を
過ぎています。

お花とケーキとお菓子を
持って実家へ。

メロンケーキおいしそうでしょ♪

 

そういうと
なんだか、親孝行っぽいですが

私は、超親不孝な娘です。

細かくは割愛☆しますが。

幼い頃
専業主婦の母を
心のどこかで

つまらないな

と思っていました。

だから、
絶対、仕事をするんだ!

と決めていました。

心のどこかで
そんなふうに思っていることは
母には伝わっていたようで

思春期の私と母の関係は
最悪でした。

たとえば
帰っても私の夕食だけ
用意されていない

よくよく
思い出すと
何時に帰るとか
連絡せずに

遅くなっていたので
怒っていたのでしょう。

それは、今になって
わかります。

毎日、食事を
作るようになって
わかります。

自分も親になって
わかることが
たくさんありました。

母は、外には
働きにいっていませんが

お金を貯めるのが
上手でした。

いつの間にか
きちんと貯めていて

3人の子供たちの
大学費用もしっかりと
用意していました。

決して、裕福だったとは
思いませんが

そんな母のお金の貯め方を
今になって確認すると

今、私がご相談者へ
回答している内容と重なるところが
あります。

いつの間にか、沁みついていたんだと
驚くことがあります。

お金の使い方。
貯め方。

それはある意味
生活環境が創り出すことが
あります。

性格も。

それを一から変えていくのは
大変なことです。

だからこそ

きちんとした目標設定をして
最初の一歩の踏み出し方
サポートする必要が
あります。

 

なぜ、お金の相談相手に
なりたかったんだろう。

と思い返すことがあります。

もしかしたら、ですけど
母の背中をみていたのかも
しれません。

 

やりたいことを
やりたい放題している父を
支えたのは母。

お金の苦労は
子どもにはさせない、と

工夫をしていた姿す。

 

やりたいことを
お金であきらめることのないように

 

その姿を
誰よりも心強く
思っていたのかもしれません。

 

ま、そんなふうに思うのですが
私は、家族には
あまり本音を言わない親不孝者です。

せめて、お菓子とお花を…

 

さて、家に戻ると・・・
お花とクッキーとハンカチ。

そうそう。
私も「母」でした。

仕事大好きな 親不孝ならぬ
「子ども不孝」者ですが・・・

ありがとね。

想いはきちんと
伝えた方がいいですね。

いつも、ありがとう。

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

良い1日を♪

 

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター 竹内 美紀

mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

 

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.654 何をいまさら

  2. No.530 言葉を正しく届けるには

  3. No.348 事業と家計の境目

  4. No.631 安心して休むためには

  5. No.440 数字に想いをのせる

  6. No.746 地道な積み重ねが今をつくる

  7. No.685 『箱』に入っていませんか?

  8. No.645 子供の町 大人の町

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。