No.653 ビジョンを語ったら人がやめた

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~

「利益≦返済」でお金がまわらない!
手元資金、月商3カ月分を目指し
500人の想いを叶えてきた
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

美容院へ行きました。

美容院へ行く時間を
作るのは
私の場合、一苦労があります。

〇仕事の予定が入っていないこと
〇夕方までに家に帰れること
〇寛いだ気分になってもいいこと

などなど、いくつかの
条件を乗り越えて
予約をし

〇急な仕事がはいらないこと
〇家族の予定が変更にならないこと

当日の状況で行けたり行けなかったり。

そんな中、予約をして
美容院へ。
無事に行けました。

 

担当者が辞めてしまったので
別の支店へ。

最近、たくさん美容師さんが
やめてしまうそうです。

なぜか。

担当している美容師さんに
おたずねしました。

「社長が変わったから」

でも、それは「異常反応」で
時間が経ってから
戻ってきた人もいたとか。

その方は、前社長も現在の社長も
好きなので、騒ぐことないのに、
とおっしゃっていました。

お店ごとにコンセプトが
異なり
各美容師さんが、しっかりとした
想いを持っているので
通っていました。

 

もちろん、技術もあり・・・
その時はヘッドスパもして
日頃の睡眠不足を
補います☆

 

 

「社長が変わったから」
「従業員がやめた」

これは・・・

社長がビジョンを示したのだと
思います。

これからの方向性を
示した時に
人がやめるのはあることです。

むしろ
それは、いいこと。

そのビジョンに共感できない人は
去っていきます。

そして、共感できる人が
集まってきます。

ビジョンとはそういうものです。


だから、これからの
この美容院に期待、です。

社長メッセージには
こんなふうに書かれていました。

この図でいえば、
カンパニースピリッツでしょうか。

公開・公平・公正の原則

お客様主義の原則

ポジティブシンキングの原則

パーソナルサービスの原則

先見性の原則

 

もう少し説明してほしい☆

これを従業員にちゃんと
伝えるには
行動指針に落とすことが必要です。

従業員がどのように行動すれば
いいのか。

これをかっこよく
「クレド」と呼んだりもします。

クレドとは
ラテン語で
従業員が心がけるべき企業の
信条をさします。

社長が勝手にビジョンを
掲げても

従業員が
具体的に

では、明日から
何をすればいいの?

ということが
わからないと
意味がありません。

この美容院の場合
どのくらい説明が
あったかはわかりません。

「うわっ!!
そんなこと言われても
動けない」

と思われてやめたなら
まだ、いいと思います。
自分とは違う、と決別したのなら。

なんだか、よくわからなくて
不安・・・

だとしたら
もっと伝えなくては
いけません。

わかりやすく。
相手の視点に立って。

 

 

社長さん。
伝える努力していますか?

この美容院。
私が髪の何に悩んでいるかは
聞き出してはもらえませんでした。

ま、別に話したいわけでも
ないのですが。

だいたい、
私が会社の悩みを
聞いてしまいますしね。

お客様のお困りごとを
引き出して

今日は髪のボリュームを
減らしたいのか。

スパで寛ぎたいのか。

かっこいい髪型に
なりたいのか。

帰る時のゴールを
確認してから
施術したら

満足度が
違うのかな、と
思いました。

そうやって
お客様が
幸せな気持ちになって
帰ってもらえたら

施術している
従業員さんも
幸せな気持ちになる
と思うのです。

ビジョンも大事。
クレドも大事。

そして、それを行動に移して
お客様を
幸せにしてあげてくださいね。

 

そうそう、担当の美容師さん。
実はそのお店の店長さんでした。

この仕事を選んだのは
おばあちゃんの髪をきれいにして
喜ばれたのがきっかけだとか。

それをきいたら
お任せな気分で
ゆっくりできました。

面倒なお客で、すみません☆
なかなか、行けないので、つい。

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

良い1日を♪

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内 美紀
竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office)
mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

私も執筆しています↓

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.621 相見積もりにならない

  2. No.561 まず心を○○○

  3. No.409 下がったら売る?

  4. No.680 漠然とした不安を明確な課題に変えるには

  5. No.674 ここにいていいんだ

  6. No.433 最後のありたい姿

  7. No.497 リッツカールトンミスティークではなく

  8. No.392 自分の内側と向き合う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。