No.671 軽減税率が〇〇されますように

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
「利益≦返済」でお金がまわらない!
手元資金、月商3カ月分を目指し
500人の想いを叶えてきた
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

 

軽減税率が廃止されますように・・・

その先生は
七夕の短冊に
こんな願いごとを
書くそうです。

 

本日は
研修に行ってきました。

 

テーマは
消費税。

 

10月の消費税の
税率アップと同時に
1.飲食料品の取引
2.新聞の定期購読
については8%のまま
という軽減税率が適用されます。
細かいことを考えていくと
もう、きりがないくらい
ややこしいので

 

まずは、ご自身の
業務が
軽減税率の対象か
どうか
調べてみましょう。

 

軽減税率に対応した
レジに取り替えましょう!!
というキャンペーンで
困っているお客様が
たくさんいます。

 

レジを替えなくては
いけないのか。

 

結論から言うと
急がなくても大丈夫です。
特に軽減税率の対象の
取引がない・・・つまり
食料品の取り扱いが
ない場合は必要ありません。

 

そして、もしも
軽減税率の対象で
あったとしても
軽減税率の対象であることを
「追記」してもいいそうです。

 

もちろん
レジで税率「8%」と
出れば簡単でいいですが

 

すぐに対応できない場合が
手書きで書いておいても
お客様に「書いておいてください」
でも、まずは大丈夫だそうです。

 

本格的に必要となるのが
令和5年10月1日からです。
ここからは
別の視点での導入も
あるので

 

5年かけて
じっくり準備する必要が
ありそうです。

 

これは
「適格請求書等保存方式」
(インボイス方式)

 

と言って
消費税を払っている企業からの
領収書でないと
困ることがおきそうです。

 

困るので
消費税を払っていない企業との
取引はやめようと
判断する会社も
出てくるかもしれません。

 

消費税を払っていない企業に
とって、試練がありそうです。
小規模の事業者が
どうやって生き残っていくのか。
そんな課題が隠されています。
お客様はその時に
どのように対応すればいいのか

 

そんな準備が必要となります。
軽減税率の真の目的は
ここにあったかと
少し恐ろしくなりました。
まだ、先では
ありますが、
準備と
企業のチカラを
蓄えておく必要が
あります。
税制は
単に税金を計算する制度ではなく
政府の戦略も
含まれていると感じました。

 

お客様の
ご相談にのる私たちは
将来どんなことが
起きるのか
単純な制度の変更という面だけでなく
「経営」という観点で
判断できるようなチカラを
つけなくてはいけない
そんなふうに感じた研修でした。

 

課題はいっぱい。
課題がいっぱいなのは
楽しいことですね。
お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。
良い1日を♪

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内 美紀
竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office)
mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

私も執筆しています↓

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.547 家族信託のご相談

  2. No.468 相手の不○

  3. No.658 「ちっ」って言わない

  4. No.476 寄り添う〇〇〇〇

  5. No.367 セミナー報告☆おこづかいゲーム実施しました

  6. No.509 事業承継の本質

  7. No.616 大切なもの

  8. No.531 好きなこと できること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。