No.686 経験からの〇〇

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から
15年 社長を救い続けた
春日部のお金の専門家
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。
ふと、道をみると
2台のクルマが
ハザードをだして
止まっていました。
事故??
玉つき事故のようです。

 

子ども2人連れの女性が
遠目にも
怒っている様子で
立っています。

 

かたや、
若い営業マンのような男性が
前に手を組み
所在なさげに
たたずんでいます。
そのうち
女性が座り込み
「まだかよー」
と言っているかのような
たたずまいです。

 

 

 

 

 

警察を待っているようです。
こんな時に限って
なかなか、来ません。

 

この構図を
見ていると

 

加害者は
男性なのに
だんだん
女性が加害者に
みえてきます。

 

 

男性、かわいそう・・・
という雰囲気に
なってきます。

 

 

これはなぜか。

 

 

自分も事故を
起こしたことがあるからです。

 

 

10年近く前になるでしょうか。
子どもが「具合が悪い」
と連絡がありました。
仕事も終わりそうにありません。
そんな最中
よそ見で
2台の玉突き事故です。
私が加害者です。
その瞬間は
本当にスローモーションで
「やってしまった!!」
という後悔でいっぱいになります。

 

ぶつけてしまったクルマに
乗っている人の状態
子どものこと
仕事のこと

 

 

ぐるぐる、頭の中を
まわっています。

 

その時の気持ちを
思い出します。

 

だから
事故を起こしてしまった人を
心配してしまいました。

 

いや、
不注意で
ぶつけた方が悪いんですよ。
それはそうなのです。

 

 

バナナマンの設楽さんの
エピソードを読みました。
いいね!ニュース

 

・人は引き出しが多くないと怒っちゃう
・「そうした問題には、こうした方がよい」っていう経験がないと人は怒ってしまう
・だから、経験がいっぱいある人は、怒らなくなる。そうやって人は丸くなっていくんだよ

 

すぐ怒る日村さんに設楽さんが語っています。

 

・・・もっと経験を積んで、より分かるようになってくれば
『そういうパターンもあるね。こういう場合もあるよ・・・』

 

とアドバイスできるようになる。

 

 

 

なるほど。

 

経験があると
事故を起こした後に
何があるかわかっています。

 

1.警察(救急車)と保険会社に電話する

2. ひたすら待つ

3.事情聴取される
  (話したくないことは話さなくていい、と言われました)

4.後日、被害者へ謝罪

5.保険会社の対応に従う

 

 

そんな流れです。
だから、
昨日の事故の時、
あぁ・・・と
加害者の方に目がいきました。

 

人は経験値から
想定し感情が
行動が動いていきます。
どれだけ経験を積み
人の経験から何を学び
どう行動するのか

 

これが人間性なのかと
思っています。

 

私も、すぐ怒ってしまうことが
あります。
未知の出来事だったから
なのでしょう。

 

全てを経験することは
できないので
人の経験から学ぶ
本やブログや人からの話・・・
大切なんだな、と
感じました。

 

 

事故の対応は
1時間くらいで
終わったようでした。
救急車は来なかったので
ケガはなかったかと。

 

忙しい時間に
クルマをぶつけられ
大変だったかと思うので
女性が怒っているのは
当然ですね。
こちらの気持ちもわかります。

 

落ち着いたら
お子さんにケガがなくて
良かった、と
そんなふうに思うかもしれません。

 

いやいや。
見ていた私は
単なる野次馬だったか。
運転には気をつけましょう。
後ろからの追突も☆

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。
良い1日を♪

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内 美紀
竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office)
mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

私も執筆しています↓

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.496 事業承継税制を利用する前に

  2. No.565 夢を語っては いけないか

  3. No.359 なんのためか明確にする ~女性の創業支援セミナー~

  4. No.682 誰かの笑い声を作っていく

  5. No.483 ありたい姿を描く宿題

  6. No.574 なぜ、従業員がやめてしまうのか

  7. No.735 伝える価値

  8. No.379 健康って財産なんだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご訪問者数

  • 2現在の記事:
  • 15658総閲覧数:
  • 10572総訪問者数:
  • 2019年9月5日カウント開始日: