No.690 営業と契約

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から
15年 社長を救い続けた
春日部のお金の専門家
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

 

「闇営業」問題の会見が
ありましたね。

 

朝日デジタル↓
闇営業の事実問題とは別に
会社の対応に
焦点があてられています。

 

結局、会社の管理の
問題だったのかと
感じずにはいられません。

 

守るべき
上司(会社)が
問題を起こした社員を
守れなかった。

 

切り捨てるわけでもなく
「静観」していた。
何もしなかった。

 

それをみて
大御所たちが
動きだしたようです。

 

おそらく
明日のこの時点では
また、急転しているかと。

 

そもそも。
渦中の吉本興行は
「契約」がないそうです。

 

給与とか、福利厚生とか。

 

だから、契約解除も
口頭とか。

 

 

契約といえば

 

契約を断られた
とある人が
落ち込んでいました。

 

もう、人格を全否定されたような
気持ちになっているようです。

 

気持ち、わからなくは
ないですね。

 

でも、契約は
その方の条件と
自分の提案が
合致しなかった。

 

端的に言えば
そういうことです。

 

いろんな意味で
それだけ、です。
いろんな意味、では
ありますが。

 

営業を10年間
やっていたことがあります。

 

個人事業主に
なった今は営業であり
全てだと思っています。

 

その頃
企業専門の営業で
社長さんや奥さまと
毎日、毎日
お話してきました。

 

あらゆるお困りごとを
お聞きして
そのうち

 

あなたが提案するなら
なんでもいいわ

 

 

そんなふうに
言われると
いい加減なものを
提案できるわけはなく
さらに真剣に

 

お客様のお困りごとを
解決するための
提案を創り上げていきます。

 

人は情だけで
サービスの選定は
しませんが

 

金額だけで
サービスの選定も
しません。

 

品質がある程度の
基準であることは
最低限必要なことで
あることは
当然です。

 

逆に
情だけで一瞬
決めることも
ありますが

 

冷静になった時に
その選択を覆すことも
あります。

 

自分ができることを
し尽くしたのであれば

 

それは
その方のタイミングでなかったと
考えることにしています。

 

もちろん
契約に至らなかった原因を
きちんと整理はしますが

 

自分自身を
全否定されたとは
思わない方がいいです。

 

契約も出会いです。
相性もあります。

 

自分のサービスを
活用したい、と
考える人は
必ずいます。
大事なことは
お客様のための
サービスであるか

 

 

自分の利益のために
ご提案をした時は
だいたいが
うまくいきません。

 

誰かが
見ているんだな、と
よく、思います。

 

正直に
まっすぐに

 

それでいいのではないかと
思います。

 

がんばって。
お客様のご要望に
応えられるような
品質を。

 

自分の想いを
実現するサービスを。

 

そこに重点を
置いて
営業をしてみましょう。

 

反省はしても
落ち込まない。

 

営業は
実は、気持ちをキープすることが
最大の課題だったりもします。

 

続けること。
前進し続けること。

 

 

社長さんは
スーパー営業マンなのですから。

 

吉本興行の社長さんは・・・
スーパーではないかな。

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。
良い1日を♪

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内 美紀
竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office)
mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

私も執筆しています↓

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.603 ぶれない軸

  2. No.527 家族信託

  3. No.368 目的を達成したときは

  4. No.495 楽器の出国税は?

  5. No.678 Show must go on

  6. No.600 996.ICU に比べれば

  7. No.519 ぽちっとお買い物

  8. No.825 付加価値を伝える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご訪問者数

  • 4現在の記事:
  • 17860総閲覧数:
  • 12069総訪問者数:
  • 2019年9月5日カウント開始日: