No.700 恩を送る

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から
15年 社長を救い続けた
春日部のお金の専門家
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

 

お蔭様でブログ生活も
今日で700日となりました。

 

やめようか、と
思った時に

 

続けている人の
ブログや活躍をみて

 

もう少し続けてみよう。

 

と思いました。

 

続けている人も

 

苦しい.
でも、
楽しい。

そして、大事。
そんなことを
時々振り返っている姿に
励まされてきました。

 

そうやって歩んできた日々が
今度は
誰かの励みになっていたら
いいな、と

 

思ったりもします。

 

 

 

俺のところをやめるなんて
バカヤローだ。
そんなふうに言われたそうです。

 

 

会社をやめて
一国一城の主となることを
志したのが
10年前。

 

 

そして、
お世話になった会社を
やめました。

 

 

その時の
社長の言葉だそうです。

 

 

従業員がやめる時に
こんなにしてやったのに

 

と言っていませんか?

 

 

これ、私が学生の頃に
親に言われたことが
あります。

 

こんなにしてるのに
あんたって子は・・・

 

自由奔放に過ごしている私への
母からのお小言でした。

 

その頃はわかりませんでした。

 

今、自分が親になって
わかることがたくさんあります。

 

親は見返りは求めません。
でも人は見返りを求めます。

 

愛情を注ぎたいから注ぎ
次の世代へその愛を注いでいきます。

 

そうやって子供は
人は育っていきます。

 

その時は
どんな愛情を受けていたか
わからないのです。

 

わかった時に
次の世代につなぐ。

 

それを
恩送り

 

というそうです。

 

キングコングの西野さんが
恩送りをした方がいい理由を
書いてくれています。

 

 

だから
上司から受けた恩や
親から受けた恩

 

 

それは
自分の部下や従業員。
自分の子供へ
送っていけばいいのだと
思います。

 

 

そう思えば
相手が思ったような
感謝の反応をしなくても
怒らなくてすみませんか?

 

 

だって、自分もそうだったのですから。

 

ま、人は
自分がしてあげた
って思うほど、
大きく受け止めてくれてはいません。

 

逆もしかり。

 

それでも
あとで、感謝の気持ちを
思い出したらなら

 

 

次の人へ
送っていけばいいのだと
思います。

 

 

それだけ、です。

 

 

バカヤロー

 

 

そこには
10年共に歩んだ仲間が
いなくなることへの
寂しさと悔しさが
入っていたのかも
しれません。

 

 

未練が残らないように
そう言ってくれたのかも。

 

決意が本物なら
いつか伝わります。

 

ちょっぴり
寂しかったかもしれませんが
同じ場面の時に
温かく接することのできる自分に
なれるように。

 

 

今日から
あなたも社長。

 

 

がんばりましょう。
応援します。

 

お忙しいところ
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。
良い1日を♪

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内 美紀
竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office)
mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440064 埼玉県春日部市南1-1-7
東部地域ふれあい拠点施設 5F C-3
春日部駅 西口 徒歩3分(ララガーデン隣)

私も執筆しています↓

●毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

 

 

関連記事

  1. No.551 家族信託はいくらかかるの?

  2. No.538 仕訳と経営判断

  3. No.539 お金の相談は○○の相談

  4. No.574 なぜ、従業員がやめてしまうのか

  5. No.542 こころ ひとつ

  6. No.617 休眠預金、睡眠貯金

  7. No.669 緊張は人を〇〇〇

  8. No.349 AIとBIと火花 ~生産性のない人間に価値はないのか~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。