No.750 お客様に無理なことを言われたら 

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から
15年 社長を救い続けた
春日部のお金の専門家
キャッシュフローコーチ 竹内美紀です。

 

娘が就職活動の
最終面談を実施してきました。

 

「人と話すのが好き」
と伝えた娘に

 

ちょっと意地悪な質問を
したくなったらしく

 

自分が営業だったとして
お客様に
2週間の納品を
1週間にしてくれ、と
言われたら
何と応えるか。

 

と言われたそうです。

 

娘は
あれこれ、自分なりに
考えたことを話し、
最後は

 

「わかりません」
と回答したそうです。

 

そして
「どう応えればいいですか?」

 

と尋ねると

 

面接者は
「ダメならダメと断る」

 

そう答えたそうです。

 

細かい状況設定などが
ない状態の仮定の話なので
何が正解なのかは
わかりませんが・・・

 

最終面談は
そういった困った質問などに
対し、どのくらい誠意をもって
回答できたのか。

 

そんなところを見ているのではないか
と思いました。
答えはない・・・ですからね。

 

では、社長さん。
同じ質問をされたら
同じような状況で
重要なお客様が

 

納期を早めてくれ

 

と言ってきたら
どうします?

 

面接者のように
ダメならダメ
と応えますか?

 

お客様の計画を作っていると
どうしてもダメなことも
出てきます。

 

どうしたってお金足らないでしょ!
どうしたって時間が足らないでしょ!

 

そんなことはよくあることですね。

 

それに対し、
手ぶらでダメって言ってますか?

 

一番大切なことは
なぜ、そう言ってきたのか

 

本当の意味を
確認することです。

 

なぜ、納期を早めたいのか。

 

もしかしたら
ある一部の商品だけ急いでいるとか
数はそんなになくてもいいとか
違う事情があるかもしれません。

 

相手の本当の意図を確認し
どこまで満たせば
相手の要望に応えられるのか。

 

確認してみましょう。
そこから違うものが
生まれる可能性もあります。

 

それにしても
学生にとっては
なかなか厳しい質問だったかも
しれないですね。

 

でも、真摯に応え
それをどう受け止めたか。

 

楽しみに結果を
待ちましょう。
お金に困らなくなる。
そんな計画を作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

Since 2017.9.1

思わず夢を語りたくなる 社長の信念経営サポーター
キャッシュフローコーチ 竹内 美紀
竹内美紀CF事務所(Miki Carry Forward Office)
mail:info@takeuchifp.com  URL:https://takeuchifp.com
〒3440004 埼玉県春日部市牛島125-4
藤の牛島駅 徒歩1分

私も執筆しています↓

● 毎日ブログをメルマガにて配信中
登録はこちら↓

● 1on1セミナーを開催します!(隔週木曜日開催)

● ライブ番組始めました(次回9/19(木)11:00~11:50)
資金繰りの不安を抱える経営者のためのライブ番組
FLTV「~Quality time for you~ みきチャンネル」
過去の配信はこちら↓

 

関連記事

  1. No.697 ギガ難民とは

  2. No.702 あなたの仕入れと付加価値はなに?

  3. No.634 シンプルにチェック

  4. No.641 〇〇は人生を乗せるものだから

  5. No.642 ネグレクトしていませんか?

  6. No.553 はじめの一歩

  7. No.566 どうありたいか

  8. No.397 ピンポンの正体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご訪問者数

  • 27現在の記事:
  • 15572総閲覧数:
  • 10510総訪問者数:
  • 2019年9月5日カウント開始日: