No.970 配当よりも〇〇が大事

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
誰にも相談できない資金繰りの不安から 15年
社長を救い続けた 春日部の理念とお金の専門家
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

配当より雇用維持を
機関投資家
コロナ対応で転換
日経新聞
 
 
雇用調整助成金、中小企業助成10割に引き上げ 
雇用維持狙う 厚労省

 

ちょうど、
お客様の休業手当のご相談を
受けているところでした。

 

私は、社労士ではないので
細かい手続きはサポートできませんが・・・

 


●休業手当を支給するのか
●支給するとすればいくらすればいいのか
 

就業規則を作らなくてもよい規模の
事業者の方は
書類をそろえるのが
大変になります。

 

社労士さんは今、かなりの多忙なので
顧問先以外には
手がまわらないのが現状・・・

 

では、どうするか。

 

従業員さんの雇用を
守ることが大切。

機関投資家までもが言っています。

 

雇用を守ることは
企業が継続していくために
大切なことです。

 

だから、従業員に
休業手当を支給して
雇用調整助成金を申請したい・・・

 

厚生労働省にきちんと提示されています。
厚生労働省↓
 
それを踏まえたうえで
岐阜労働局を見てください。
岐阜労働局↓
参考になります。

 

就業規則がない場合についても
資料が提示してありました。
 

ちなみに私の住む埼玉県の労働局は↓

 

社長さんが調べるのは大変ですが
社労士さんにどうしても
依頼できない方にご参考になれば☆

 

企業が続くには
人が大切。

 

機関投資家が
自分の配当よりも
人を守れ
言っているということ。

 

社長さんは
もちろんですよね。

 

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪
 
有事のこの時だから・・・
オンライン相談、承ります。 ひとりで悩まず、行動しましょう。
 
 
 

 

Since 2017.9.1

 

関連記事

  1. No.694 三大タブー

  2. No.922 リーマンショック2?

  3. No.719 愚直な実践の芽

  4. No.996 持続化給付金 創業の方も対象に

  5. No.969 免除をして将来受け取る額はどうなるか

  6. No.607 あと一歩「だけ」前に進もう

  7. No.544 『あり方』で仕事を選ぶ

  8. No.934 お休みする時間。作ってますか?

ビジョンを実現する資金繰り改善経営

【未来思考レター】メルマガ登録はこちら↓

『脱★ドンブリ経営』実践セミナー

ご訪問者数

  • 90現在の記事:
  • 92561総閲覧数:
  • 51083総訪問者数:
  • 2019年9月5日カウント開始日: