No.1115 できないことを責めない

「出会えてよかった!」人になる。
~Quality time for you~
“生きにくい”をなくし
未来を拓く思考術で
人が変わる瞬間に関わり続ける
キャッシュフローコーチ(R) 竹内美紀です。

 

菅内閣を「かん内閣」 麻生氏、会合で2回言い間違い
麻生太郎副総理・財務相は
過去にも漢字の読み違いがあります。

 

-2008年 麻生首相の漢字読み間違い TOP10-
(1) 怪我(かいが)
(2) 頻繁(はんざつ)
(3) 踏襲(ふしゅう)
(4) 低迷(ていまい)
(5) 未曾有(みぞうゆう)
(6) 詳細(ようさい)
(7) 有無(ゆうむ)
(8) 順風満帆(じゅんぷうまんぱ)
(9) 破綻(はじょう)
(10) 前場(まえば)
こんなページがあるほど↓
視点を変えてみると

 

麻生さんは漢字を読むのが苦手。

 

そんな個性がわかります。
誰でももうわかっています。

 

勉強しなさい

勉強しなさい

 

というのは誰でもできることですね。

 

これ、読めない前提で
周囲の人が配慮してあげる必要が
あるかと思うのです。

 

そう、例えば
生まれつきに
他の人と違う機能がある時に

 

それを他の人と同じに
しなければ

 

と本人も周囲も思います。

 

他の人と
同じでなければいけないのか

 

そんな別の視点に立ってみると
違う工夫が生まれてきます。

 

今度、お金の管理のセミナーを
します。

 

お金の管理が苦手な人。
たくさんいますね。

 

管理しなくていい方法が
あれば

 

管理しなくちゃ!

 

という呪縛から解き放たれますね。

 

 

視点を変えた
セミナー。

 

考え中です。

 

 

できないことを
責めず

 

できることを伸ばす

 

そんな視点を
麻生さんにも向けてみると・・・

 

ふりがな
(すが)菅首相
ふってあげたらいいかと。

 

しかも、ひらがなが先で☆

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
本当は、20代の私に手渡したい。
だから、あなたに早くお伝えしたい。
そんな講座をお届けしています。

【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

未来はノートで変えられる!
何かうまくいかないことがあったとしたら
それは才能や能力のせいではなく
ノートの書き方に問題があったのかもしれません。

詳しくはこちら↓

 

仕事や会議、セミナー活用、学校の勉強。
ノートひとつの使い方で結果に大きな差が出ているとしたら,
あなたはどうしますか?

たかがノート,されどノート。

ノートの使い方が変わってくることで「成果」がグッと変わってくるとしたら。
その方法を手に入れたくないですか?

そして、そして。
人によっては人生までも変わってしまうかもしれないこの方法。

未来を拓くメルマガ 配信開始いたします。
メルマガ登録の方の特典もあるかも☆

ご登録はこちら↓

関連記事

  1. No.462 アウトプットが先

  2. No.475 会社を守るための〇〇

  3. No.873  65歳以降も〇〇〇から

  4. No.367 セミナー報告☆おこづかいゲーム実施しました

  5. No.752 お客様はどんな顔?

  6. No.1086 「できる」の反対は〇〇〇〇〇

  7. No.567 相手を受け止めるには

  8. No.945 〇〇〇は、〇〇てゆく人だ

方眼ノート1DAYベーシック講座

【未来を拓くメルマガ】メルマガ登録はこちら↓

『脱★ドンブリ経営』実践セミナー

ご訪問者数

  • 60現在の記事:
  • 330860総閲覧数:
  • 115805総訪問者数:
  • 2019年9月5日カウント開始日: