No.1221 着眼点の磨き方

心もお金もみちてくる「3つのM」の法則
~Quality time for you~

 

心がみちる
お金もちになる
練習へと導く

 

竹内美紀です。

 

昨日、私が所属している
キャッシュフローコーチ協会の
強化研修会がありました。

 

ZOOMにより150名くらいの参加者。
その実行委員として裏方でもありました。

 

その内容をシェアさせていただいても
よろしいでしょうか。

 

そのテーマは
「着眼点の磨き方」

 

ひとつひとつは
毎日どこかで
発信しようと決めました。

 

お客様の相談をお受けしていて
私たちの役割は

 

知識や情報を提供することも
時にありますが

 

何よりも大事なことは
ご本人が気づいていない盲点に
気づいていただく

 

ということにあります。

 

たとえば
私が法人営業をしていた時に
よく話をしていたのですが

 

事業がうまくいっている
企業の社長さんに対し

 

・自分が亡くなった時に
会社はどうなるのか
・今、事業を売却するとしたら
・70歳、80歳、90歳の姿を描いてみる
うまくいっている時には
およそ考えないような視点で
話を進めたりします。

 

そうすると
社長さんは腕を組みだし
将来のことへ思いを向かわせます。
普段はそんなことを考えないので

 

私と接していいる時間が
緊急ではないが重要なことに向かう時間に
なっていきます。
これをQuality Timeと呼んだりしています。

 

 

これをどうやって鍛えるのか。

 

私たちキャッシュフローコーチの
共通言語があります。

 

1アクション3ゴール。
一つの行動について
3つのゴールを決める。
フレミング左手の法則
指をそれぞれ90度変えて
立ててみる。

やってみました?

 

1つのことをする時に
3つの角度で考えるのです。

 

これ毎日したら
しないのに比べたら
1年で1000個くらいの差になります。

 

大きいですよ。

 

今日からスタート。

 

一つの行動に
3つのゴール。

 

一緒にやりませんか?

 

そうそう。
これらのお話をきいていて
気づいたことがあります。

 

方眼ノートの取り方と
同じ部分がありました。

 

だから、その学びをノートで
置き換えて実行することが
できます。

 

学びが行動につながる。

 

それが大事なことですね。

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◆エステサロン14店経営 離職率が「0」になり社長が経営のことに没頭できるようになった
◆ノート1枚で1億円の契約が月に3本決まった不動産コンサルタント
◆校内テストの順位が137位から50位、26位 学年3位に子供の成績がアップした。

このような方が対象です

☑ビジネスの売り上げを伸ばしたい
☑自分の思考をすっきり整理したい
☑本業に専念したい
☑一流のロジカルシンキングを取り入れたノート術を学んでみたい
☑優秀な人材を育てたい

社員の生産性と売上アップに直結する経営者のための
方眼ノート1DAYベーシック講座

[blogcard url=”https://ppp.takeuchi-cfc.jp/1day”]

 

 

関連記事

  1. No.468 相手の不○

  2. No.497 リッツカールトンミスティークではなく

  3. No.657 自分が一番〇〇 

  4. No.997 同じ方向を向いていることが大事

  5. No.469 PDCAの「C」

  6. No. 336 できない理由を探さない

  7. No.645 子供の町 大人の町

  8. No.713 キャンプ場の収支

社員の生産性と売上アップに直結する経営者のための方眼ノート1DAYベーシック講座

小冊子プレゼント メルマガ登録はこちら↓

『脱★ドンブリ経営』実践セミナー