相続相談の流れ

「相続診断チェックシート」をご記入いただき、「相続診断結果シート」から想定される相続の問題点を客観的に整理します。
ご希望の方には、「相続診断 ヒアリングシート」を用いながら、個々のご事情に合わせてお話をうかがいます。
必要な対策をいっしょに考えながら、後悔しない人生設計を描いていきましょう!

具体的な流れ

1.カウンセリング
 ~ありたい姿を描く~
ご相談者が一番困っていること、心にひっかかっていることをまずおうかがいいたします。そして、ありたい姿を確認し、目的を明確にします。
2.相続診断
 ~客観的にチェック~
「相続診断チェックシート」「相続診断結果シート」「相続診断 ヒアリングシート」
相続診断協会のツールを活用しながら、客観的に問題点を明確にします。
3.相続サポート提案 現状の問題点と想定される問題点(遺産分割対策・相続税対策・納税資金対策)などを整理し、解決方法をご提示します。内容によっては、専門家と連携します。
4.ライフプラン作成 カウンセリングで描いた「ありたい姿」を実現するにあたって、ライフイベントやキャッシュフロー(お金の流れ)を確認し、安心して100年人生を全うできるか、確認します。できない場合は、改善策をご提案します。
5.実行サポート 提案にもとづき、必要な実行サポートをおこないます。「絵に描いた餅」では終わらせず、実現に向けて、最初の一歩を踏み出せるサポートをおこないます。
具体的には
・エンディングノートの作成
・遺言書の作成
・成年後見人制度、家族信託の活用(司法書士と連携)
・相続税対策(税理士と連携)
・生命保険を活用した資金準備
など

<ツールご紹介>

〇 相続診断チェックシート

〇 相続診断結果シート

〇 相続診断 ヒアリングシート

〇 相続サポート提案書

〇 エンディングノート