No.1183 サービスの価値はいかに?

心もお金もみちてくる「3つのM」の法則
~Quality time for you~

 

事実から生まれる真実をとらえ
考える教育で自らを導く1000人の仲間と
心地いい場を提供する
竹内美紀です。

 

投資の神様
ウォーレン・バフェットとの
昼食の権利
いくらで落札したと思います?

 

5億円です。

[word_balloon id=”7″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″ icon_type=”exclamation” icon_position=”top_left” icon_size=”M”]5億円[/word_balloon]

日経新聞2019.62

[blogcard url=”https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45589300S9A600C1000000/”]

 

人は何で価値を決めるのか。

 

人は本当に欲しいと
必要だと思ったものに対して
大きな対価を払うことは惜しみません。

 

あなたのサービスの価値。

 

実は、すぐに確認することができます。

 

ブロックパズルを書いてみましょう。

ブロックパズルについてはこちら↓

[blogcard url=”https://jcfca.com/media/kiziitiran/692.html/”]

粗利です。

 

粗利は言い換えると
付加価値とも言います。

 

この付加価値を高めるには
2つ、壁があります。

 

1.自分の心の壁
2.その価値を伝えていない

 

1.自分の心の壁

 

自分の価値を勝手に低くして
金額の設定を他と合わせてしまっています。
これ。
本当の自分の価値を
洗い出す必要があります。
そもそも、
なぜ、この仕事をしているか
向かい合ってみましょう。
なんのために
誰のために
その時のあなたのサービスは
相手にとって価値があるものの
はずですよね。
なければ、やめたほうがいいかも☆

 

 

2.その価値を伝えていない

 

どんなに価値があっても伝えていなければ
相手には伝わりません。
伝わるレベルで言葉にして
相手の心に届けていく。
さてそれをどうやって実行するのか。

 

方法があります。

 

伝えるレベルで言葉にして
日々の中に仕組みとして
入れていくのです。
つまりは、
本当に伝えたいことを
伝わるレベルで言葉にする(理念)を
作っていく・・・

 

それだけです。

 

そうそう。

 

このバフェットさんたちの昼食代は
5万円だったとか。

単純ではないですが、粗利は4億以上・・・

 

さて、バフェットさん
日本の商社の株を買ったとか。
その価値をどう判断したのでしょう。

[blogcard url=”https://www.sbbit.jp/article/fj/42155″]

あなたのサービスの価値はいかに?

 

想いが伝わり、成果があがる
そんな仕組みを作るお手伝いをさせてください。
良い1日を♪

 

—————————————

掲げているだけで浸透していない!
~成果に直結する”生きた理念づくり”とは~
http://takeuchi-cfc.jp/data/rinejitsu/

関連記事

  1. No.1206 やってみなくてはわからない

  2. No.482 長く続くコツ

  3. No.604 奨学金と消費税

  4. No.775 複数のサービスの粗利の計算は?

  5. No.1199 関わる人の幸せ

  6. No.1160 調子の悪いときは

  7. No.348 事業と家計の境目

  8. No.1080 あなたの進化ポイント

社員の生産性と売上アップに直結する経営者のための方眼ノート1DAYベーシック講座

小冊子プレゼント メルマガ登録はこちら↓

『脱★ドンブリ経営』実践セミナー